So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年10月読了分まとめ [□月間感想まとめ(本)]

■2011年10月読了分まとめ

計5冊
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本066]日本人と日本文化/司馬遼太郎、ドナルド・キーン

これ面白かったのだけど、例によって読了から時間が経ちすぎてしまった…。
ひとつ、「ますらおぶり」「たおやめぶり」について触れた部分で
日本文化は「たおやめぶり」であるという話に妙に納得した。
-----------------------------------------------
★★★★★
[本067]ブラッドベリ年代記/サム・ウェラー
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本068]トゥルー・グリット/チャールズ・ポーティス

映画が気に入ったので原作も読んでみた。
文体は割とそっけないようでいてユーモアがあり、私好み。
西部劇小説、割と好きかもしれない。少し調べて読んでみよう。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本069]火星年代記/レイ・ブラッドベリ

ブラッドベリ年代記読んでたらすっごく読みたくなった。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本070]ストリート・コーナーソサエティ/ウィリアム・フットホワイト

社会学のエスノグラフィーの観点からは有名な本らしいが
一般の読み物として読むにはやや退屈。
-----------------------------------------------

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。