So-net無料ブログ作成

2010年7月鑑賞分まとめ [□月間感想まとめ(映画)]

■2010年7月鑑賞分まとめ

計4本
-----------------------------------------------
★★★★☆
[映画021]映画「SF巨大生物の島」CS放映分(シネフィル・イマジカ)

「SF」ボディースナッチャーズとか、
「SF」巨大生物の島、って邦題にSFってつくのナニ?
今の「3D」みたいなもん?
-----------------------------------------------
★★★★☆
[映画022]映画「プレデターズ」ユナイテッドシネマキャナルシティ

超面白かった。大好き。
「SF巨大生物の島」の影響は少なくないハズ!
と思うのは観た直後だったからだけじゃないと思う。
続編も期待してます。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[映画023]映画「クイック&デッド」CS放映分(シネフィル・イマジカ)

サム・ライミらしさ溢れる西部劇。
若かりしディカプリオが輝いている。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[映画024]映画「ザ・ロード」ソラリアシネマ

原作の雰囲気を壊さぬように
抑制のきいた表現で映像化してあった。
もっとたくさんの館で公開して欲しかったなあ。

いくつかのエピソードで
私が感じていたのとは違うニュアンスで
解釈がなされていて、
普段だと「違うだろ!」とか思ってしまうんだけど
「なるほどー」と興味深く観ることができた。
-----------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2010年7月読了本まとめ [□月間感想まとめ(本)]

■2010年7月読了本まとめ

計10冊
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本044]闇の展覧会(1)/カービー・マッコーリー編

久しぶりに引っ張り出してくる。
この頃のモダンホラーは、まだそれ以前の幻想怪奇小説の影響を強く感じる。
現在(今でもモダンホラーってジャンル生きてるのかな)
モダンホラーにどれだけキングが影響を与えたかよくわかる。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本045]岩崎紘昌のだから骨董屋は面白い/岩崎紘昌

以前読んだとき、すっごくつまらないと思ったのだけど
読み返すとそうでもなかった。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本046]この骨董が、アナタです。/仲畑貴志

超有名コピーライターにして骨董好き。
本職(?)だけに文章が軽快で面白かった。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本047]闇の展覧会(2)/カービー・マッコーリー編

「霧」収録の(1)ばかり手に取ってしまっていたけど、
今読み返すとこっちのほうが好み。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本048]美は一度限り 落日の美学 闘いの美学/野村秋介

旦那さんが借りてきた本。
読了後はネットサーフィン(って死語?)。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本049]ドキュメント 宇宙 飛行士選抜試験/大鐘 良一 、小原 健右

図書館新刊コーナーより。
宇宙飛行士が選ばれしものだってのはなんとなく常識なんだけど
こうやって選抜の様子を追ってみると
思ってた以上に選ばれしものなんだなぁという感想を抱く一方、
中学生の部活みたいなノリもあり、ギャップが楽しい。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本050]WORLD WAR Z/マックス・ブルックス

メル・ブルックスの息子にして、ロメロの大ファン。
ロメロ本人を始め、数あるゾンビ映画が
多種多様なゾンビネタを繰り出した後だというのに
まだこんなにあったのか!という感じの
ハッとする新鮮なネタのオンパレード。
この本の前にゾンビサバイバルマニュアル的な内容の
本を出しているらしい。
さもありなん。邦訳求む。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本051]白の海へ/ジェイムズ・ディッキー

2回目の方が面白い。
筋を追ってしまう1回目より、
詩人らしい語り口が堪能できる。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本052]死霊たちの宴〈上〉/J.スキップ&C.スペクター編

「WORLD WAR Z」を読んで久々に読みたくなった。
エロティックな作品が多い。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本053]幻想と怪奇—ポオ蒐集家/仁賀克雄編

この頃のアンソロジーは何度読んでも楽しめるものが多い。
ハズレなしって感じ?
-----------------------------------------------


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。