So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年10月読了本まとめ [□月間感想まとめ(本)]

■2010年10月読了本まとめ

計11冊
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本076]ピーコ伝/ピーコ、糸井重里

おすぎとピーコについて
長年疑問に思ってたことが
わかった気がする。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本077]これ、ニセ札でしょ!—シングル・マザーの戦う北京生活/浅井裕理

母の友達が北京に単身赴任してた。
50過ぎたおばちゃんひとり大変だろうと思ってたけど
この本読んでやっぱり大変だよなとしみじみ思う。
そのうち話聞きたいな。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本078]おもしろ日本音楽史/釣谷真弓

日本古来の音楽について
わかりやすく語る。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本079]西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話/西原理恵子、月乃光司

私は下戸なのだけど、
お酒が飲めずに本当によかったと思ってしまう。
なんでも依存してしまうタイプだからな。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本080]邪悪な花鳥風月/岩井志麻子

図書館の除籍本。
ぼっけえきょうてえだけ読んだことがあるが
じっとりした雰囲気がなかなか新鮮だった。
この本はどれかっていうと
バーカーみたいな感じなのかなあ(全然違うか)。
あまり好みではなかった。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本081]廃墟の歩き方2/栗原亨

廃墟が好き、だけど廃墟内に潜入することはほとんどない。
なにしろ極度に恐がりな私が、廃墟に入れるわけがない。
でも眺めてるだけで、なんかいいのだ。

この本は廃墟好きなら誰でも訪れたことがあるだろう
有名な廃墟サイト「廃墟エクスプローラー」の管理人さんの本らしい。
知らずに借りたが、なかなか面白かった。

中でも衝撃的だったのは
廃墟となったペット施設の中で
見つけた経営者が未来の自分に宛てた手紙。
そんなものが本当に見つかってしまうとは。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本082]煮え煮えアジアパー伝/鴨志田穣、西原理恵子
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本083]狂風世界/J・G・バラード

十年近く積ん読してた。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本084]もっと煮え煮えアジアパー伝/鴨志田穣、西原理恵子
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本085]フィアー/L・ロン・ハバート

これもずっと本棚にあったが
内容を思い出せなかったので読んでみたら、未読だった。
そんな本がまだ山ほどあるのだろうと思う。
-----------------------------------------------
★★★☆☆
[本086]良い店悪い店の法則—販売現場の人間学/馬渕 哲、南条 恵

旦那さんの仕事本をつまみ食い。
「店員が頑張れば頑張るほど客は店を避けて通る」
「店員と仲良くなると面倒」などなど
コミュニケーションが苦手な人なら
常に感じてるだろう不満が書いてある。
こういうのをたくさんのお店が読んでくれたらなあと思うが
だからどうしたらいいということろまでは
書いてないのが残念な感じ。
これ読んでも結局お店は戸惑うだけなのかも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。