So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年7月観賞分まとめ [□月間感想まとめ(映画)]

■2011年7月観賞分まとめ

計2本
-----------------------------------------------
★★★☆☆
映画016]映画「反逆のメロディ」CS放映分(日本映画専門チャンネル

原田芳雄氏の訃報のさなか、日本映画専門チャンネルでは
偶然?にも「Best Of YOSHIO HARADA ~俳優 原田芳雄 自薦傑作選」
という半年がかりの特集がはじまったばかりだった。

その中から1本。
ジャケ写が滅法格好いい。

のだけど、日活のこういうのって、
割とスタイリッシュというかさわやかというか、
やっぱり私は東映の泥臭い感じの方が好きなんだなあ。
-----------------------------------------------
★★☆☆☆
[映画017]映画「ネスト」DVD

なんといっても「ケヴィン・コスナーデビュー30周年記念作品」。
キャストはケヴィン・コスナーと「パンズ・ラビリンス」のイバナ・バケロ。
さらに最近注目のスペイン出身の新進監督のスーパーナチュラルホラー
ホラー好きにはおいしい要素目白押し!
…のハズだったんだけど、なかなかのがっかり映画だった。

家族3人の演技はそれぞれ良く、気合い十分なのに
なんでこんなに間の抜けた感じになっちゃったのかな。

トドメは信じられないほど安直で、意味を感じないラスト!
ああいうのはなんだか作品への愛情を疑ってしまいます。
-----------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2011年7月読了分まとめ [□月間感想まとめ(本)]

計5冊
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本047]モグラびと ニューヨーク地下生活者たち/ジェニファー・トス

ニューヨークの地下に幾重にも重なる地下鉄の廃構で暮らす
ホームレスに密着するドキュメンタリー

なるほど。
ギレルモ・デル・トロのミミックの舞台はこういうところか。
そういえば、ヘルボーイにもそういうところがあった。

著者のジェニファーは20代の白人女性。すごい度胸だわ。
-----------------------------------------------
★★★★☆
[本048]ザ・スタンド(上)/スティーヴン・キング
★★★★☆
[本049]ザ・スタンド(下)/スティーヴン・キング

久々に引っ張りだしてきた。重い。
-----------------------------------------------
★★★★★
[本050]ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち(上)/リチャード・アダムス
★★★★★
[本051]ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち(下)/リチャード・アダムス

最初に読もうと思ったのは上記「ザ・スタンド」の中に出てきた時。
だからもうずいぶん前からうちの本棚にあったのだけど、
当時ファンタジー的な分野に苦手意識を持っていた私は
読み始めてすぐ「うさぎが主人公?…うーん」と本を閉じ、
そのまま積ん読本となっていた。

で、また久々にスタンド読んで、
今なら読めるかも!と引っ張りだしてきたわけだけど。
これが、まあ、面白い。
30年前に読んどくべき本でした。

人間の土地開発によって村を追われた野うさぎの一群が
様々な苦難を乗り越えて安住の地にたどり着く、とまあそれだけの
ちっさい冒険物語なんだけど
うさぎたちの造形がいきいきしていることこの上なく、
こどものように夢中になって物語に没入しました。

感動のラストを読んだ後は
そのまま頭から再読に突入し、
今読んだばかりとは思えない程
改めて夢中になって読了。
たいてい再読ってすぐ飽きちゃうんだけどねぇ。

なかなか変動のない鉄板お気に入り本に
急上昇ランクインです。

いい「物語」を読みたい人にはおすすめです。
読んでる人も多いでしょうけど、まだの人は早く!
-----------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。